高級弁当のウリはどんなところか?

ばらちらしと握り 高級弁当の戦略
ばらちらしと握り

会社の創業記念パーティーや、新年会、忘年会、懇親会、新入社員の歓迎会、クリスマスイベントなどで、そのシチュエーションに合った料理が求められます。

もし新年会の食事内容が、2ヵ月後の懇親会とダブったりすると、クレームがつきかねません。

  • 高級弁当のウリとは、「季節感、オリジナリティ、自社の強み」を強調することです。

仕出し弁当業界では、高級弁当専門の仕出しをおこなっているところも増えてきました。

その中で業績を上げるには、自社ならではの独自性を明確に企業にアピールすることです。

弁当業界の実態

コンビニやスーパーでお弁当を買うとき、内容が似通っていると思ったことはありませんか?

実は流通の関係で使える食材が限られてくる上、生ものは避け、日持ちのする食材をメインに調理するため、オリジナル性が出しにくいのです。

その点、店頭販売の弁当屋さんでは温かい弁当を手に入れることができますが、明日は何の弁当が売れるかといった情報分析が必要となります。

天候、曜日、給料前か後かによっても売れ筋が違ってきます。

前日のテレビで「鮭に含まれるアスタキサンチンには強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果抜群」と言った内容が放映されると、その次の日は「サケ弁」が飛ぶように売れます。

店頭販売の弁当屋さんは、売り上げをコンスタントに持続するために、様々な情報分析を日々おこなっています。

高級弁当のウリ:まとめ

企業に営業を仕掛けるにあたって、

  • 独自のルートで新鮮な材料を仕入れるることができるとか
  • 自身がかつて有名ホテルに勤めていたとか

何でもよいので自社独自の強みをアピールすることが大切です。

齊藤貢一
自由な飲食店経営者
齊藤貢一

東京で事務所、沖縄で家族と、月に半分ずつの生活を6年続けています。知人より、知り合いのお店を助けてあげて欲しいとの要望があり、デリバリー事業を取り入れたところV字回復。自分に救えるであろう多くの飲食店を目のあたりにし、コンサルティング事業を開始しました。

齊藤貢一をフォローする
高級弁当の戦略
宅配導入|飲食店を繁盛させ、自由な人生を