きっかけは「宅配」でした

私の経験談

私はかつて飲食店の経営に必死で毎晩遅くまで後片付けや経理に追われていました。

妻と二人三脚とはいえ、疲弊した毎日に家庭環境も悪化。仕事も家庭ももうダメかもしれないと思い、倒産することを本気で考え始めました。

でも…

「どうせ潰れるなら、挑戦したい」。

腐っても私は経営者です。

店舗運営という肉体労働とは別で、頭脳的な仕事もこなさなければいけません一度冷静になって自分のお店の戦略を徹底的に見つめ直してみました。

そして気がついたのです。

正直、賭けでした。でもやるしかありません。

予算がなくてもできる戦略として「宅配事業」を開始することにしたのです。

齊藤貢一
自由な飲食店経営者
齊藤貢一

東京で事務所、沖縄で家族と、月に半分ずつの生活を6年続けています。知人より、知り合いのお店を助けてあげて欲しいとの要望があり、デリバリー事業を取り入れたところV字回復。自分に救えるであろう多くの飲食店を目のあたりにし、コンサルティング事業を開始しました。

齊藤貢一をフォローする
私の経験談
宅配導入|飲食店を繁盛させ、自由な人生を